銀座カラーで赤ちゃん肌脱毛を体験しよう

5月 16th, 2016

銀座カラーの赤ちゃん肌脱毛

女性がムダ毛を放置していると、お手入れされていない肌という印象が持たれるかもしれません。毛があるために肌の色が暗く見えてしまうこともあるでしょう。カミソリやシェーバーでの自己処理は時間を短縮できますが、生え始めの毛がチクチクして肌触りが悪いです。脱毛サロンで施術をしてもらえば、肌を傷めてしまう心配もなく、肌触りがよい肌になるでしょう。しかし、脱毛後の肌は乾燥しやすいので、注意が必要です。脱毛後には肌が乾燥しないように、保湿をしっかりしましょう。銀座カラーでは、脱毛後に保湿・鎮静ローションを塗布しいて施術した部分の肌をケアしてもらえます。しかし、オプションを利用すれば、さらに手厚い保湿サービスを受けることができます。せっかく脱毛をしたのですから、脱毛後の肌はすべすべであってほしいと思う女性が多いのではないでしょうか。銀座カラーでは、皮膚科医と共同した保湿ケアをオプションで受けることができます。この保湿ケアにはコラーゲンやヒアルロン酸他、6種類の美容成分がたっぷり入っています。この美容成分をミストシャワーにして肌に噴射しますので、心地よく肌を潤わせることができます。肌のムダ毛をなくしたあとは、保湿ケアで潤ったもちもちの肌に導いてくれますので、銀座カラーの脱毛は赤ちゃん肌脱毛というわけです。ツルツルの肌になって肌触りもよいでしょう。赤ちゃんのような肌になれる赤ちゃん肌脱毛で、素肌に自信をつけてはいかがでしょうか。

事前処理は剃り残しのないように注意しよう

脱毛サロンの施術を受けに行く前に、自己処理をしておかないサロンが多いです。銀座カラーでもシェーバーを使って自己処理をしておかなくてはいけません。自己処理をしたつもりが剃り残しの部分があったという場合、その部分は施術を受けることができません。施術の前日か2日前には丁寧に時間をかけて自己処理をしておくと安心です。当日の出かける直前になって慌てて自己処理をすると剃り残してしまうかもしれませんので、前日には処理を済ませておくようにすると安心です。ただし、手が届かないような部位に関しては、自分のフェイス用シェーバーを持参しておけば、サロンで処理をしてもらえます。この場合、必ず自分専用のフェイス用シェーバーが必要になりますので、忘れずに用意しておくようにしましょう。

 

 

関連:汚肌をつくらないために……心がけたい脱毛習慣